きょうを書いとこ日記

きのうとほんの少し違うきょう。だけど遠いあの日とはだいぶ違う。何から書こうか。ええと、そうだな、とりあえず、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんだか新宿っぽい

19:00
コントオムニバスを見るために新宿へやって来る。開演前にあまり時間がない。ウェンディーズでバーガーセットオーダーして喰らいこむ。

19:20
更に慌てて、新宿TSUTAYAに駆け込む。エレベーターが老朽化していて乗りながら故障で途中停止するのではないかとビクついている。エレベーターはそんなんだが、品揃えは多いからお気に入りTSUTAYA。でもよ、笹塚TSUTAYAより料金高いぞ。カウリスマキの旧作をやっとレンタル。いざ新宿2丁目にある小劇場に向かう。

19:30
劇場には開演前にすべり込む。出演者たち(THE MAN/岡部たかし/渡部友一郎/金谷真由美)とは長い付き合い。タイトルは「愛の寸劇」。4人が入れ替わり10本ネタを立て続けに演じる。ユニクロ依存症患者たちの話、髪の毛を食う大男の話、マザコンの工事現場監督の話、などなど。笑わずにはいられない。帰りにプロデューサーに挨拶をして劇場を後にする。

22:00
2丁目から3丁目へ。伊勢丹の前あたりを歩く。深夜の新宿通り。
行き交う人の中に見たことのあるような顔。ウチの会社にいる女性ではないか。何故か彼女は椅子に座っている。人相・手相と書かれた行灯の横に。そうか!街頭易者に占ってもらっているのだ。でもこの時間に「新宿の母」ではないだろう。有名な易者はおそらく夜の通行人を相手にしないだろう。昼間だけで予約がいっぱいなはずだ。
会社の同僚は前に乗り出して本気モードで易者の言葉に頷いている。彼女があそこまで真剣に人の話を聞く表情を初めて見た。アル意味不思議でアル意味ドコトナク哀しい。声はかけるまい。通り過ぎよう。もしも声をかけたら?関係性のバランスを崩れそうだ。あの真剣な顔を慌てて引っ込めて別の顔を用意するだろう。「時間が空いたから、ちょっと占ってもらってるの」とか言いながら。どうにか言い訳の表情を見つけてきて落とし前をつけるだろう。そんなことをしなくていい。

人ごみの中、通り過ぎて再び振り返ると、そこには新宿通りの歩道脇に街頭易者が何人も並んで見台を出している…。夜の雑踏に並べた一個一個の見台の上に、明日へ通じる希望の扉はあるのかな?

アルタ前広場ではいくつかの人だかり。昼間の原宿ホコ天を思わせる大道芸のお披露目か?酔っ払いサラリーマンの馬鹿笑いと拍手が響き渡る。人だかりの中を覗くと、「劇団鹿殺し」という旗が数本立っているのが見える。激しく体を張ってクレイジーに歌って踊っている。歌の中に「鹿殺しとyahoo!に入れて検索してね」という歌詞があった。劇団の役者たちをお披露目する意味もあるパフォーマンスである。26歳の主演男優がフレディ・マーキュリーをコピーしてシャウトしている。なんだか新宿っぽい夜だった。そうそう、言われたとおりに>検索してみたよ06-05-26_21-30.jpg


アクセス解析
スポンサーサイト
  1. 2006/05/27(土) 03:49:28|
  2. きょうの体験
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daika.blog4.fc2.com/tb.php/100-0508ebf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

占星学

最も古い占星学の記録は紀元前1645年のバビロン(古代メソポタミアの都市)までも...
  1. 2007/01/12(金) 09:46:37 |
  2. 占星学|占星学特集

西洋占星術で新宿の母栗原すみ子さんを占いました

西洋 占星術 でみる街頭でやるのが好き とことんまで面倒を見るやさしさ 女性を泣かせる能力
  1. 2006/12/22(金) 12:18:47 |
  2. ズイフー!!ブログ - スプリングポイント

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。