きょうを書いとこ日記

きのうとほんの少し違うきょう。だけど遠いあの日とはだいぶ違う。何から書こうか。ええと、そうだな、とりあえず、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インゴ・マウラー展

a007235120060615124849.jpg

オペラシティへ行って『インゴ・マウラー展』を観る。電球を使った天使の造形など多彩な光のアート。ホログラムで浮かんで消える造形や、電光でマルシア・ガルケスの詩を作ったり、ミケランジェロ・アントニオーニの「砂丘」に触発されて爆発をイメージした電飾作品や、青色ダイオードの開発以降の作品など。



リンク: 『インゴ・マウラー展』 ;インゴ・マウラー・オフィシャルサイト

アクセス解析
スポンサーサイト
  1. 2006/07/18(火) 23:26:35|
  2. きょうの体験
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daika.blog4.fc2.com/tb.php/108-e3eb75d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

光の魔術師 インゴ・マウラー展

 東京オペラシティーに、「光の魔術師 インゴ・マウラー展」を観にいってきた。 インゴ・マウラーは、「光の魔術師」、「光の詩人」と言われる照明デザインの巨匠。電球の形をしたランプ「バルブ」を1966年に発表して、一躍注目を浴びると、その後、天子のような翼が生え
  1. 2006/08/17(木) 00:13:39 |
  2. れおだび

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。