きょうを書いとこ日記

きのうとほんの少し違うきょう。だけど遠いあの日とはだいぶ違う。何から書こうか。ええと、そうだな、とりあえず、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幸せを運ぶ8本足

私の部屋正面の窓をあけ、新鮮な空気を入れていたら、
一匹の蜘蛛が舞い込んできました。

ほっといて、巣でも張られたら困るので
やはり捕まえようとするのですが…



先日、ダリ回顧展を見に行ったのですが、
「夜のメクラグモ 希望!」という絵に目がとまりました。

年代を見てもらえばわかる通り、
世界大戦まっさかりの時に描かれたもので、

ダリは、この中で、
“ああ、きれいな音楽を奏でても、人が戦争へ突き進むのを止められないよ”と哀しみと怒りとを絵の中に塗り込めながら、
それでも、未来に希望は持ちたいと、
一匹のメクラグモを絵の中心に這わせたとされています。
希望がクモ?という話ですが、フランスでは、
夕方にみるクモは幸せがやってくる前ぶれなのだそうです。


目の前の蜘蛛を見ながら、
こいつは我が家に幸せを運んできたのかもしれないと思い、
生きたままで外に放ってやりたくなりました。

空き瓶の中で口の大き目のものを探して、
その空いた口で、壁を這う蜘蛛に狙いを定め、
逃げ足の速い蜘蛛を壁のコーナーに追いやってから、
壁の上に止まった蜘蛛の身体すっぽりと入るように蓋をしました。

その空き瓶はもともとは何が入っていたものか、
牛乳なのかヨーグルトなのか、
まあ、おそらく甘いものだと思うのだけれど、

壁で蓋され、蜘蛛にとっては周囲がにわかに甘い空気になりました。
蜘蛛は壁から離れ、瓶の中を甘い底の方へとするすると這ってゆきました。
捕獲成功です。

その瓶を持って玄関を出て、外の茂みに放してやりました。
また来てね♪(また来たら、これを繰り返すの?)

アクセス解析
スポンサーサイト
  1. 2006/10/11(水) 23:24:34|
  2. きょうの体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://daika.blog4.fc2.com/tb.php/131-efbc9cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。